【動画】 梅田駅にある「幻のホーム」を捜索!!

みなさんは大阪メトロ御堂筋線梅田駅を利用したことはありますか?

御堂筋線梅田駅は大阪メトロの中で最も乗降客数が多い駅であり、最も華やかで最も大きいホームとして知られています。

そしてそんな大阪メトロを代表するこの梅田駅…

実は、3代目のホームなんです!

「じゃあ初代は?」「2代目はどこなの?」「というか地下駅なのに何回も作り替えられるの?」って思う方もいるかもしれません。

ということで、今回は初代の梅田駅についてご紹介します!

ちなみに現在の梅田駅はこんな変化を遂げています!!

お待たせしました。今や「幻のホーム」と呼ばれる初代ホームの跡地をご紹介!

いかがですか?

この「幻のホーム」は御堂筋線が開業した1933年(86年前(((ʘ ʘ;)))から2年間「梅田”仮”停留場」として使用されました。

”仮”というのも実は梅田駅は元から現在の場所に建設予定だったのですが、工事が難航したため暫定的に「幻のホーム」が使用されていたのです。

この「梅田仮停留場」はホームは1番線しかありませんでした。千里中央方面の線路上にホームを作っていたためです。

梅田駅と淀屋橋駅の途中にあるんです。だから今でもその跡地を見ることができるんですね!

読者のみなさんも御堂筋線に乗る機会がある時はぜひ探して見てくださいね!!

ちなみに…

私が「幻のホーム」について初めて知ったのは幼稚園児の頃だったと思います。テレビ大阪の大阪メトロ(当時の大阪市営地下鉄)特番で「幻のホーム」の存在を知り、親に駄々をこねて連れて行ってもらいました。

そして、Osaka-Subway.comさんの書籍「マルコに恋して」でも「幻のホーム」の内容が詳しく書かれています。世界初公開の図面も掲載されており、これを読んだときはかなり興奮しました!!

キーワード:大阪メトロ 御堂筋線 梅田駅

他の記事に寄り道する?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です