[ギネス]御堂筋線梅田駅に地下空間世界最大のLEDモニター「Umeda Metro Vision」が登場!

大阪メトロでは様々な所に広告が掲載されています。各車両の壁、天井の吊り広告、つり革広告、ドア上のポスターやデジタルサイネージ、車内放送に加えて御堂筋線の女性専用車両では車両は広告のラッピング車になっています。また、駅でも壁に広告が張られていたり、最近ではデジタルサイネージも導入されています。

大阪メトロ御堂筋線の梅田駅は大阪メトロの駅の中で最も乗降客数が大きいことが知られていますが、それ故に梅田駅の広告は大阪メトロの中でも絶大な影響力を持つことになります。

さて、その大阪メトロ御堂筋線梅田駅の2番線ホーム南側の壁上に、大阪メトロの最新型の広告である地下空間世界最大のLEDモニター「Umeda Metro Vision」が登場。12月1日㈰から使用開始されます!

前回は最古の梅田駅を紹介しましたが、今回は最新の梅田駅です!

1. ギネス記録の超巨大モニター

デザインコンセプトは「大阪から世界へ」といことで、設置位置は四つ橋線、谷町線、阪神線、JR東西線の乗り換えに使われ、人通りの多いホーム南側です。

この広告を見てとても驚きました。御堂筋線の車両が2両入るサイズだそうです! 世界記録級と言われるサイズは40m×4m! (世界記録”級”というのも、「地下におけるLEDスクリーン最大ディスプレー」として現在ギネス世界記録に申請中らしい2019年11月30日にギネス世界記録を樹立しました!おめでとうございます!!)

そして、これがその 「Umeda Metro Vision」 の写真です。

とても大きいですよね!!さすがギネス世界記録級!
実際に現場で見ると、正直全体を見渡せません(汗

これほど大きなモニターでどのような広告が流れるのか、この巨大モニターをどのように活用するのか楽しみでたまりません!

2. 実際に広告を見てきた!(追記)

実際に広告が流れている動画です。広告は定期的に変わるので、この広告を実際に見かけることはおそらく二度ないと思います。あなたが目撃した広告はどんな広告ですか?

3. 超巨大広告のお値段はいかに

広告は大阪メトロのものだけでなく、広告料を支払うことで誰でも掲載することができます!(誰でもと言いましたが当然審査があり、その基準が設定されておりますので、お金さえあればいいというわけではありません。)

広告料は以下の通りです。

1社買切り(1週間)2,800,000円
ロール放映(1週間)280,000円
ロール放映(2週間) 448,000円
ロール放映(3週間) 672,000円
ロール放映(4週間) 784,000円

ちなみに、「Umeda Metro Vision」は真下の柱にあるデジタルサイネージ「梅田ホームビジョン」とセットで買い切ることも可能だそうです!お値段は6,000,000円です((((;゜Д゜)))

大阪メトロに民営化して以来、広告事業にさらに力を入れているイメージがありますが、今後がさらに楽しみになりますね!

キーワード:大阪メトロ 御堂筋線 梅田駅 広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です