【配線図】阪急淡路駅(高架前後)

Railway wiring diagram (Awaji sta. Hankyu Kyoto Line/ Senri Line)

淡路駅は配線鉄の大好物です。連続立体交差事業が完成してしまうと線路交差が大幅に減ってしまいますが、二重高架もなかなか興奮しますよね。

現在の配線図

2・3号線(画像上)が京都河原町・北千里方面の上りホーム、4・5号線(画像下)が大阪梅田・天神橋筋六丁目・天下茶屋方面の下りホームとなっており、方向別複々線の構造を取っています。(1号線は現在撤去されて存在しません。)左右に伸びる路線が京都線、左下と右上に伸びる路線が千里線です。

下り線には駅の両側に両渡り線が設置されています。上り線には梅田・天六側(画像左側)には京都線から千里線への片渡り線、京都・北千里側(画像右側)には両渡り線が設置されています。また、京都線梅田側と京都・北千里側(画像右側)には上下線を結ぶ片渡り線が設置されています。

この配線構造により千里線上りだけは2号線に進入することはできません。京都線上りは2・3号線に進入することはできますし、京都線・千里線下りは4・5号線に進入することはできます。

この配線には運行上大きなネックがあります。 上下線の平面交差が3つ存在すること。京都線の車両がこの平面交差を通過する間、千里線の車両の信号待ちが頻発しています。(これが”電車が車を待つ踏切”という珍しい状況を作り出しています。)

また、京都線・千里線は独立して走っている訳ではありません。普通に限り同じ路線を直通する電車を通して淡路駅で路線を跨ぐ電車が交互に設定されています。なお、普通は淡路駅で対面乗換が可能なのでさほど問題ではないと思いますが…

連続立体交差事業 完成後の配線図

2024年度末に高架切替・2027年度末に全体完成予定
※こちらの配線図は確定のものではありません。

連続立体交差事業が完成したら、淡路駅は上りと下りで2層構造のホームになっています。

4F 下りホーム

←大阪梅田・十三
↙天下茶屋・天神橋筋六丁目

3F 上りホーム

吹田・北千里↗
嵐山・京都河原町↘

特に両渡り線は私の憶測・推測が含まれています。
それについては別の記事で書けたらいいなと思っています!

阪急の別の記事もぜひ!
[動画] 復活の未成線「阪急新大阪連絡線」建設予定地を探索!

配線図 railway wiring diagrams

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です