大阪メトロ連絡線・短絡線 配線図

Railway wiring diagram (Osaka Metro short-circuit wire)(英訳合ってる?)

連絡線/短絡線とは

鉄道には車両を滞泊させたり検査などを行う車両基地があります。車両基地には莫大な土地が必要になるため、各路線ごとに車両基地を設置するのは容易ではありません。特に大阪メトロは都市部の中心を走る鉄道で、あまり郊外と呼べる地域まで伸びているわけではありませんので、なおさら車両基地の設置は難題です。そこで、路線が異なっても同じ車両が走れるならば車両基地をまとめてしまおう!となるわけですね。

そこで路線と路線をつなぐ役割を果たすのが連絡線/短絡線というわけです。(他の鉄道会社では異なる目的で使用されている場合もあります。)

大阪メトロの線路は4種類

大阪メトロの線路には4種類あります。

第三軌条方式:走行用にある2本のレールの脇に、3本目のレールがある方式です。この3本目のレールは車両に電気を送るためにあるんですね。御堂筋線・谷町線・四つ橋線・中央線・千日前線がこの第三軌条方式です。

架線集電方式:線路の上にある架線から車両に電気を送る方法です。パンタグラフがあるやつで、日本ではよく見られますね。堺筋線がこの架線集電方式です。(相互直通運転している阪急に合わせたそうです。)

リニアモーター:リニアモーターで動く方式です。リニア新幹線みたいに浮くタイプとはちょっと違います。長堀鶴見緑地線・今里筋線がリニアモーターです。

新交通システム:今回はAGTという種類を指しています。レールの両壁にも案内レールがあり、ゴムタイヤで走行します。しかも自動運転なんですね。南港ポートタウン線が新交通システムです。

また、同じ種類の線路はそれぞれ連絡線を通してつながっています!

連絡線配線図

大国町駅(御堂筋線 × 四つ橋線)

本町駅付近(四つ橋線 × 中央線)

谷町四丁目駅付近(谷町線 × 中央線)

阿波座駅付近(中央線 × 千日前線)

鶴見検車場 工場連絡線(長堀鶴見緑地線 × 今里筋線)

(※注意※)全体的に情報が曖昧なのですが、この工場連絡線については位置関係が不明です。大体この辺かな、という目安だと思っていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です