【なぜ?】信濃橋駅、開業時から本町駅と接続していた?

3号線:四つ橋線

みなさんは大阪メトロの駅で信濃橋しなのばし駅」をご存じでしょうか。

現在の路線図を探してもどこにも見つかりません。というのも、信濃橋駅は四つ橋線本町駅開業当初の駅名なのです。

なぜ本町駅に改称したのか。信濃橋駅の存在を知っている方ならご存じかと思います。

その他、駅名そのものが改称された例としては、四つ橋線の信濃橋(現本町)と難波元町(現難波)がある。これは、それぞれ中央線と千日前線の開業に合わせて、御堂筋線と改札内連絡となるときに改称された。

石本隆一「大阪の地下鉄」,1999,p.111.

「本町駅と信濃橋駅が乗換駅」というのは不親切なので、駅名を統一しようということですね。そこで本町駅に揃えることになったわけです。

では本町駅と改称する前は、信濃橋駅は単独駅(乗り換えがない駅)だったのか。

その答えはノー。

実は信濃橋駅は開業時点で乗換駅だったのです。

???と思われる方も多いでしょうが、今回はこれを深堀りしていきましょう。

信濃橋駅から本町駅になるまで

信濃橋駅・本町駅に関する出来事

信濃橋駅・本町駅と大きく関わってくるのは御堂筋線・四つ橋線・中央線の3路線です。まずは3路線の本町駅に関する出来事を見てください。

日時路線出来事その他
1933(S08).05.201 御堂筋線本町駅開業
(梅田~心斎橋間開業)
1964(S39).10.314 中央線本町駅(仮駅)開業
(弁天町~本町(仮)間開業)
御堂筋線本町駅とは地上連絡
1965(S40).10.013 四つ橋線信濃橋駅開業
(西梅田~大国町間開業)
御堂筋線・中央線本町駅とは???連絡
???に本町駅に改称
1969(S44).07.014 中央線本町駅(本駅)完成御堂筋線・四つ橋線・中央線が改札内外ともに、地下道にて接続される
1969(S44).12.064 中央線本町~谷町四丁目間開業中央線ホームが途中駅となる

約90年前に御堂筋線の本町駅が開業しました。

その次に開業したのは中央線の本町駅でした。ただし中央線の本町駅は、御堂筋付近の立ち退きが遅れたために仮駅として開業することになります。仮駅の位置は四つ橋筋と西横堀川(現 阪神高速1号環状線)の間で、当時の2駅は地下では繋がっておらず、改札を出て地上を歩いて乗り換える必要がありました。

翌年、大国町から西梅田まで延伸した四つ橋線のホームの1つに信濃橋駅がありました。信濃橋駅の南端では中央線と立体交差しており、本町仮駅とは目と鼻の先の駅でした。

2つの疑問

ここで管理人が気になった点は二つ。

  1. 信濃橋駅が改称されたタイミングはいつか
  2. 信濃橋と中央線 本町駅がいつから乗換駅となったのか

1.に関しては2.を調べている際に気づいた副産物なので、軽く紹介していきます。

問題は2.の方です。御堂筋線・中央線の乗り換えの話はいろいろな文献に載っているのです。徒歩連絡は大阪市営地下鉄の長い歴史の中でも唯一の出来事ですし、開業時から常に輸送の中心であった御堂筋線との連絡はとても重要な話ですからね。

しかし四つ橋線と中央線の乗り換えについてはなかなか書いている文献がありません。そこが管理人の気になったポイントでした。

中央線本町本駅に関する文献を見ると「御堂筋線・四つ橋線・中央線が改札内連絡できるようになった」的な趣旨の記述がよく見られます。しかしそれは御堂節線、四つ橋線、中央線の3路線が「全て」繋がったタイミングを指しているのであって、四つ橋線と中央線はもっと早く繋がっている可能性もあったのではないかと思ったのです。

ということで、この2点についてさらに調べていきました。

信濃橋駅の謎

信濃橋駅が改称したのはいつなのか

Wikipedia(2022.02.21閲覧)や大阪メトロ公式YouTubeの動画を見ると、中央線 本町本駅が開業した1969(昭和44)年7月1日だとされています。

しかし、岩村潔著「大阪市地下鉄の歩み」を読むと次のような記述があります。

堺筋線、中央線の同時開通を機会に従来大阪地下鉄は号線呼称をしていたが愛称(ペットネーム)で呼称することになった。
(中略)
また中央線全通を機会に従来四つ橋線(三号線)の信濃橋停留場名を四つ橋線本町と呼称するよう変更された。御堂筋線、中央線、四つ橋線が三つの停留場によって地下でコの字形に連結されたので名称を統一するためこのような処置がとられた。

岩村潔「大阪市地下鉄の歩み」,1970,p.751(太字・マーカーは管理人)

この書籍では中央線が全通した時期は、「1969(昭和44)年12月6日の本町~谷町四丁目間開業時」ということで話が進んでいます。これは前段落の堺筋線・中央線の同時開通(これも1969(昭和44)年12月6日)の話と並列して書かれていることからも分かります。

つまり、岩村潔著「大阪市地下鉄の歩み」では信濃橋駅が改称したのは1969(昭和44)年12月6日ということになります。

ちなみに全通というのは、東西で分断されていた中央線が繋がったということを指しています。

信濃橋駅の改称時期に関しては2つの説があることが分かりました。どちらがより信頼できるのかということですが、個人的には後者の1969(昭和44)年12月6日説を推します。

著者の岩村氏は大阪市職員で地下鉄建設に携わった人物です。さらにこの著書は岩村氏が携わった地下鉄建設工事の記録を編集したもの。歴史をその目で見てきた方の著書を信頼しないわけにはいきません。

さらにこれを裏付ける証拠として、交通局ニュース「大阪のあし」46号(1969年9月発行)を見ていただきます。

1969年9月は、本町本駅が開業しており、中央線全通はまだしていない時期です。

大阪市交通局「大阪のあし No.46」,1969.

本町駅と信濃橋駅が乗換駅なのに共存している時期があったことが分かるかと思います。

ということで当ブログでは、信濃橋駅が本町駅に改称したのは1969(昭和44)年12月6日ということにします。

信濃橋駅は最初から乗換駅だった!?

ここからが本題。

信濃橋駅はいつから乗り換えできるようになったのか。

四つ橋線 西梅田延伸時の路線図を見ると、信濃橋駅は完全に独立しています。

面白かったのは、四つ橋線西梅田駅~大国町駅間が開通した時期の路線図では、信濃橋駅と本町両駅の間には明確な間隔が空いていることです。

さらに言うとなんば元町駅も千日前線には重ならないように配置されていますね。

しかし、大阪市地下鉄建設五十年史には次のような記述がありました。

しかし、西横堀川から御堂筋までの立ち退き交渉が難航し、とうてい開通までに本町駅を作ることは出来ない情勢になってきた。そこで計画を一部変更して、四ツ橋筋から西横堀川の線路部に、2両編成の列車が発着出来るような仮駅を設置し、第3号線の本町駅と連絡した。

大阪市交通局「大阪市地下鉄建設五十年史」,p.143.(太字・マーカーは管理人)

「第3号線の本町駅」とは四つ橋線の信濃橋駅のことです。この書籍では信濃橋駅・本町駅の区別を付けずに本町駅で統一されています。

ここから分かる通り、本町本駅が開業する前から、四つ橋線と中央線は乗り換えができるようになっていたようです。

こちらも裏付けるものをもう一つご紹介。

関西の鉄道 No.45にこのような写真が掲載されています。

関西鉄道研究会「関西の鉄道 No.45」,p.79.

信濃橋の駅名標が確認できます。下の段に、「地下鉄 4号線連絡口」「弁天町 大阪港 方面のりば」と書かれていますね。

この雑誌によると撮影日はS40.10.3.。信濃橋駅が開業して3日目ですね。

信濃橋駅は開業当初から中央線 本町仮駅と接続していたようです。

ということで、本町駅同士は改札内乗換が出来なかったのに、信濃橋駅と本町仮駅は乗り換え出来たという謎な状況が発生していたわけです。

「最初から本町駅でよかったやん!」「四つ橋線延伸決まった時点で本町駅に組み込まれるのは分かってたんちゃうの?」というツッコミは今回は触れませんよ!調べても全然分からなかったので今回は勘弁してください!

また何か分かれば記事にしたいと思います!

引用・参考文献

大阪市交通局「大阪市地下鉄建設五十年史」,1983.
大阪市交通局「大阪のあし No.46」,1969.

関西鉄道研究会「関西の鉄道 No.45」,2003.

石本隆一「大阪の地下鉄」,1999,産徴出版.
岩村潔「大阪市地下鉄の歩み」,1970,市政新聞社

Wikipedia日本語版「本町駅」2022.02.21閲覧.
Osaka Metro公式チャンネル「「Metro News」vol.68 「信濃橋駅」「なんば元町駅」こんな駅ありましたっけ?」YouTube,2021.04.08公開.

今後の鉄道イベント情報(鉄道コムより)

大阪メトロポリスは鉄道コムのブログランキング参加中!
1回の1クリックがブログ更新の力になります!

15日(月)京阪 大津線110周年記念ラッピング車両 運転
えちごトキめき鉄道 455系・413系 旧北陸本線体験号(ツアー)
郷大江夏まつり号 運転
えちごトキめき鉄道 旧北陸本線体験号 運転記念入場券セット 発売
長崎電気軌道 4号系統など 運休
京阪 大津線110周年記念フリーチケット 発売
JR九州 列車ばんそうこう 販売
事前受付開始415系 夜行急行日南号(ツアー)
事前受付終了関東鉄道 親子向け夜行列車(ツアー)
16日(火)夜想海里(ツアー)京成千葉駅・千葉中央駅 小学生向け駅員業務体験 開催
事前受付開始小田急 1000形未更新車 さよなら乗車ツアー
事前受付開始小田急 1000形未更新車 さよなら撮影会ツアー
事前受付開始福山列車区 乗務員体験ツアー
事前受付開始糸崎基地 乗務員体験ツアー
17日(水)KATO 381系ゆったりやくも 再販売模型
京成 青砥駅 小学生向け駅員業務体験 開催
18日(木)西武 すとぷりスタンプラリー1日おでかけきっぷ 発売
東武 けごんコインケース・1721プレート鍋敷きなど 販売
鉄道博物館 車両点検業務紹介イベント
名鉄岐阜駅 駅名看板 FC岐阜特別装飾 実施
豊橋鉄道 子ども向け市内電車体験イベント
事前受付開始国分寺保守基地 キヤE195系展示会(ツアー)
事前受付開始岡山電車区 ザ・鉄道体験 in 岡山(ツアー)
19日(金)WEST EXPRESS 銀河 大阪~新見間など(ツアー)
快速 花輪ばやし 運転
あきたホリデーパス 発売
首都圏新都市鉄道 北千住駅 TXグッズ販売イベント
京阪 プレミアムカー5周年記念マルチケース 配布
東武・野岩鉄道 634型 東武日光~会津高原尾瀬口間(ツアー)
第21回 国際鉄道模型コンベンション 開催
大井川鐵道 きかんしゃトビー号 運転
阪神 尼崎車庫 子ども向け見学会
阪神 大物実習所 子ども向け点検作業体験 開催
予土線 夕涼みビールトロッコ(ツアー)
事前受付終了八戸臨海鉄道 ディーゼル機関車撮影会
20日(土)京都鉄道博物館 EF66形27号機など 展示
快速 みちのく満喫一ノ関号 運転
快速 大糸線全通65周年号 運転
アルピコ交通 オールナイトトレイン・ノンストップ快速(ツアー)
相鉄 新横浜駅など 舞台裏見学ツアー
津軽花火大会号 運転
中止快速 遠野ホップ収穫祭 運転
秩父鉄道 ひえひえ列車 運転
中止快速 地ビールフェス一関 運転
近鉄 つどい 海女さん列車 運転
えちごトキめき鉄道 親子で雪月花(ツアー)
大和鉄道まつり2022
南海 住之江車庫 子ども向け見学会
川越車両センター 親子向け体験・見学ツアー
筑波観光鉄道 ロープウェイ 小学生向け駅員業務体験 開催
415系 門司港~長崎間(ツアー)
京阪 寝屋川車庫 5000系撮影会(ツアー)
えちぜん鉄道 運転体験・車庫見学(ツアー)
東武 子ども向けダイヤ作成体験イベント
小倉総合車両センター バックステージツアー
京阪 プレミアムカー5周年記念キーホルダーなど 販売
関東鉄道 親子向け夜行列車(ツアー)
東京駅 駅員体験イベント
伊豆箱根鉄道 修善寺駅 子ども向け1日駅員体験 開催
快速 鶴岡赤川花火号 運転
京都市 公営交通110周年記念ピンバッジなど 販売
和歌山電鐵 子ども向け仕事体験イベント
高山運輸区 在来線乗務員体験ツアー
先行販売京王 手紙社コラボ記念乗車券 発売
21日(日)小田急 喜多見電車基地 VSE撮影会
2022 岡山電車祭り
岳南電車 親子向け仕事見学ツアー
吹田総合車両所見学ツアー
福井鉄道 子ども向け運転体験・車両工場見学ツアー
22日(月)広島電鉄 宮島線全線開通100周年記念ヘッドマーク 掲出
京王 若葉台工場 子ども向け見学会
事前受付開始小山車両センター 205系撮影会(ツアー)
23日(火)新旧かもめ ありがとう・デビュー記念乗車券 発売
熊本駅・熊本車両センターなど 親子向け仕事体験ツアー
伊予鉄道 50形70周年記念イベント(ツアー)
24日(水)京王 高幡不動検車区 子ども向け見学会
新潟新幹線車両センター 親子向け体験イベント(ツアー)
大井川鐵道 親子向け 新金谷駅工場・長島ダム 見学ツアー
阪急 ミッフィーコラボグッズ 販売
25日(木)KATO 313系2300・2350・2500番台 販売模型
北総鉄道 新鎌ヶ谷駅 夜間レール交換作業見学ツアー
広島電鉄 宮島線100周年記念キーホルダー・クリアファイルなど 販売
KATO タキ9900形 再販売模型

大阪メトロおすすめグッズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました